愛犬が思わぬ怪我?!ジョイントマットのとある落とし穴

長い足と身軽な体が特徴的なトイプードル。
元気に飛び回ったりはしゃいだりと活発な子も多いですが、足腰が弱いためトイプードルをお迎えする場合は何かと準備が必要です。
トイプードルは滑ったりジャンプの着地で骨折することが多いため、クッション性のあるマットで対策するご家庭も多いのではないでしょうか。

実は私も愛犬のトイプードルが滑って骨折しないようにジョイントマットを敷いて万全の対策を心がけていました。
ですが、そのジョイントマットで愛犬が思わぬ怪我をしてしまいました。

愛犬の怪我の経験から、ご家庭でもう1度トイプードルにとって最適な環境なのかを振り返ってみてください。

成犬でもトイプードルは関節が弱く骨折しやすい

トイプードルは関節が弱く「膝蓋骨脱臼」というひざ関節の脱臼を発症しやすい犬種なので、日頃から関節に負担がかからない環境を整えることが大切です。
体重が2〜3㎏と軽く骨も細いため、ジャンプの着地で失敗したり子供に踏まれるなどの小さな衝撃で簡単に骨折してしまいます。
滑って骨折をしないようにマットを敷く、サークルからジャンプで飛びこせないように対策をするなどが必要です。
もし足を引きずっていたり、片足を上げながら歩くなどいつもとは違う様子が見られたら動物病院に連れて行きましょう。

目次


成犬トイプードルの爪が取れるまでの経緯

成犬になっても関節が弱いトイプードルのために、マットで対策する家庭が多いでしょう。

ですが、そのマットで愛犬を傷つけてしまった経験があります。
そんな私の経験から愛犬を迎える準備の中で気を付けてもらいたいことを説明していきます。


足腰の弱さを気づかったジョイントマットに落とし穴があった

トイプードルを初めて飼う時に「トイプードルは足が弱く骨折しやすい」という情報を聞いたため、歩行範囲にクッション性の高いジョイントマットを敷いて対策をしました。
ですが、そのジョイントマットの継ぎ目に愛犬の爪が挟まってしまい取れてしまう怪我が起きました。             


床に落ちた血で怪我に気づいた

テレビを見ていた私はギャンと痛々しい奇声で何かあったのではと愛犬を探しました。
今まで1度も聞いたことがないような声だったので心配でした。

そこで床に3か所ほど血が落ちていることに気づきます。

落ちている血のそばに固まって動けなくなっている愛犬を見つけてすぐに「大丈夫?」とかけより手の先から血がでていることを把握しました。
タオルで指を包み止血をしてからかかりつけの動物病院にすぐに愛犬をつれていきました。

まさか愛犬を守ろうと思っていたマットで怪我をするとは…もっと気を付けていればよかったと自分を悔やみました。   


         


成犬トイプードルの怪我を予防するには

トイプードルは2〜3㎏と体重が軽く関節が弱いですが、非常に好奇心旺盛な子が多い犬種です。
長い脚で高い場所からピョンと飛び降りたり、元気に走り回る姿はかわいいですが愛犬を守るためには怪我をしにくい環境の整備が必要不可欠。
ジョイントマットではなく継ぎ目がない滑りにくいマットが一番安全だと分かりました。

また適正体重よりも太ってしまうと足に負担がかかってしまうので食事管理も愛犬の怪我を予防するのには大切です。
愛犬が元気で健やかに暮らしていけるようにその子にあった環境を整えてあげましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次